WP MVC のサンプルプラグインのインストール

今回は、WP MVC のサンプルプラグインのインストール方法について紹介します。

WP MVC は WordPress プラグイン開発のための MVC フレームワークを提供するプラグインです。

WP MVC の詳しい使い方はコチラを参照してください。
WordPress プラグインの MVC フレームワーク WP MVC を試してみた

今回の記事の参考URL:
Installing Example Plugins | WP MVC(公式サイト)

MP MVC プラグインのインストール

WordPress にログインして WP MVCプラグインをインストール/有効化する。

サンプルのプラグインのインストール

サンプルプラグインのフォルダをプラグインフォルダに移動する
(今回は、イベントカレンダーのサンプルプラグインをインストールしてみます。)

$ cd path/to/plugins/wp-mvc
$ cp -r wp-mvc/examples/events-calendar-example ./

サンプルプラグインの有効化

管理画面のプラグインに”Events Calendar Example”というプラグインが表示されるので有効化する

Events Calendar プラグイン

Events Calendar プラグインではイベントの一覧、イベントの場所、スピーカーの詳細ページを作ることができる。

管理画面と表示画面は以下のような感じ。

プラグインを有効化すると管理メニューに “Events”, “Speakers”, “Venues” が表示される

イベント一覧ページ

イベント詳細ページ

場所詳細ページ

スピーカー詳細ページ

サンプルプラグインは、複数のテーブルを連動しているので
自分のプラグインの開発にも参考になると思います。


コメントは停止中です。